地元クリエイターとのコラボレーションがコンセプトに掲げられ、設計競技により我々の提案が採用された。

来館者の視点が移動することで変化していく光景=シークエンスの観点で見学コースを再構築。閉鎖/開放、明/暗など一連の行程のなかにメリハリをつくり、製造現場の風景や試飲会場を取り巻く自然環境がより印象的に感じられる「映像的空間体験」をテーマとした。

また、冗長な1室空間であった待合・試飲ホールを県産木材を使用した「MUGIウォール」やCLTルーバー壁により緩やかに区画し、場所ごとの性格を明確にしていった。待合は岡山工場の歴史や水源の森活動・適正飲酒啓発活動といったCSV活動を紹介する「ウェイティングギャラリー」とすることを提案。

地元の企業や美術作家らが展示できる地域応援スペースも併設し、来館するたびに変化を楽しめる場所とした。ギャラリー・見学コース共にグラフィックデザイナー・映像クリエイターらと協働して展示計画も担当、空間と展示物が一体となった視覚体験となることを目指した。


CREDIT
建築主/キリンビール株式会社
設計・監理・展示計画/竹下和宏建築設計事務所
施工/浅野工業株式会社
構造・規模/RC造・鉄骨造
改修部床面積/1,950㎡

COLLABORATOR
構造計画 株式会社 倉敷構造設計室/木村誠司
照明計画 LIM LIGHTING DESIGN/吉村美子
展示デザイン・サイン計画 N.E.L/村上和哉
映像ディレクション・製作 株式会社びより/安井祥二
展示写真撮影 内田伸一郎写真事務所
アユモドキ水槽製作 株式会社 湯原御膳奉行/源田涼平
  協力:アユモドキを守る会
     岡山理科大学専門学校アクアリウム学科
家具製作 KUUSI DESIGN/三島久幸